経理未経験でも面接を勝ち抜くポイント

経理未経験でも面接を勝ち抜くポイント



経理未経験から転職するには面接は山場だと思います。しかし、面接までたどり着けないのではいくら面接のスキルを付けても無駄になります。

 

また、面接面接と思っていても実は書類(履歴書・職務経歴書)を作成している段階でほとんど結果が決まってしまいます。ほとんど決まってしまうというのは、履歴書や職務経歴書を作成するときにどのように面接をクリアするかを考えておかなければならないからです。

 

基本的に、履歴書・職務経歴書を作成した内容が面接では聞かれますし、派生した内容聞くにしろ根本内容(履歴書・職務経歴書に書いた内容)がブレていたら「何でわが社を受けたんだろう?」ってなってしまいますからね。

 

履歴書・職務経歴書を作成する場合は下記のポイントは意識しましょう。

 

1.書類の要点はまとめて分かりやすく書く
(基本的に面接担当の人は忙しい。全部読みません)

 

2.内容は応募する会社毎に必ず別々にする

 

3.人物像又はスキルにて会ってみたいと思える内容にする

 

4.職歴は面接する会社の業務に近いこと(アピールできるポイント)を強調する

 

5.志望動機は超重要、何でわが社を受けたの?

 

 

1.書類の要点はまとめて分かりやすく書く

これは基本中の基本です。私も経理職ではありませんが、採用担当をしたことがあります。その時は通常業務をこなしながら面接もしていかなければなりませんでした。もちろんお客様対応が優先ですので業務の合間や、業務終了後に書類のチェックをしていました。

 

そんなとき、びっしり文字が埋まった書類を見たときは読む気が失せたのは確かです。何事も相手の立場になったら分かると思いますが、書類は読む人が読みやすいようにするのは必須ですよね。

 

アピールしたいことが沢山あるのは分かりますが、出来るだけ簡潔に分かりやすく書類をつくりましょう。

 

 

2.内容は応募する会社毎に必ず別々にする

これは、かなりの方が間違っていると思います。どの会社にも使えそうな当たり障りのない内容になっていることが多く使いまわしているんじゃないかなーと思われることは避けた方がいいです。見ている方もつまらないですし、会ってみたいと思えないですからね。

 

3.人物像又はスキルにて会ってみたいと思える内容にする

これは、2.からの続きになるんですが、会ってみたいと思わせないと書類選考に通らないのは分かると思います。これは、面接官の好みも出てくると思いますが、自分が面接官だったら「どんな人だったら会いたい」と思えるか分かりますよね。

 

仕事の事

自分が一緒に仕事をしたいと思える人はどんな人か。仮に経理未経験でスキル的なものが不足しているんだったら他のスキルで補えるかどうか(経理には詳しくないがITスキルで作業の効率化が図れる・契約、労務関係にやたら詳しい等)。

 

根本的なところで言えば、ある程度教えることがあると思うので、やる気があって素直な人がいいですね。また、柔軟性や頭の回転の速さ、理解度の速さなんかはあったら嬉しいですね。(これは、面接なんかで判断したりします。)

 

あと、会社にもよるんですが協調性より積極性を求めるところもありますし、逆の場合もありますので会社のカラーは調べてから書類作成に取り掛かりましょう。

 

※ちなみに私の今働いている会社は応募人数が多いので資格などの最低ラインを設けています(中途採用)。そこからふるいにかけて面接します。

 

仕事以外の事

仕事以外でも会いたいと思わせることはいくらでもあると思います。たとえば、お笑いが好きで宴会芸得意であればそれのアピール。(私と働くと一日一回笑わせてみますとか)

 

ボランティアが好きなら、その活動内容を書いておくとかもありです。

 

ゲーム好きな人なら、好きなのでみんなが楽しく遊べるように攻略サイトのホームページ作りました。
(各自が投稿できるように作ってますので、みんなの情報共有の場として利用してもらえたらなと思ってます的な)

 

※なんか、気配りできる人かな?社内にもこんな仕組み欲しいなって思ったら、会ってみたいと思いませんか???

 

 

4.職歴は面接する会社の業務に近いこと(アピールできるポイント)を強調する

これも、結構外している人が多いです。過去からのアピールをしているんですが、それをこの会社に入ってどう生かせるかというのが書けていません。多分入社後どのようなポジションで何を担当しているかイメージできないんですね。

 

あんまり、関係ないことがつらつらと書いていますと読み手は「何を言っているんだ君は!!」状態になりますのでここも簡潔にまとめて下さい。

 

入社後、生かせそうなスキルや職歴をどんどんアピールする内容で書類を作りましょう。

 

 

5.志望動機は超重要、何でわが社を受けたの?

結局はこれなんですが、「何でわが社なの?っ」て面接官は気になりますよね。
経理未経験の人は、「経理って、どこの会社も必須であり、やる業務も同じじゃないの」って思う方もいるかもしれませんが、私は全然違うと思ってます。

 

特に大企業と中小企業は違いますし(大企業は業務が縦割りされていることが多いです)、財務会計と管理会計の担当によっても変わってきます。根本的な考え方、やる業務は一緒かもしれませんが、企業によって考え方も違いますし、業種によってもかなり内容が変わってきますので。

 

 

結局面接を勝ち抜くポイントは

いかに書類作成の段階で内容が練られているか、考えられているかといったところですね。

 

書類が良ければ、後は会ってしかわからないこと雰囲気やしゃべり方、声のトーン、表情、物事の考え方、書類に落としきれない過去の経験や書類の裏付けの問(内容合ってる?話に一貫性がある?本当にやる気ある?等)などを聞いていき、判断材料を集めていく感じですね。

 

次のページ→面接ではどんなことを聞かれるのか


スポンサードリンク

関連ページ

管理人の面接体験談
経理になるために面接を攻略しなければなりません。面接に合格するために参考になれば幸いです。
面接ではどんなことを聞かれるのか
面接ではどんなことを聞かれるのか
面接に向けてこんなことをやっておいたらいい……のでは
経理になるための面接ですが、攻略するためにはこんなことをしておくのはありではないでしょうか。

ホーム 管理人プロフィール 経理になるには 簿記スクールのおすすめ 経理未経験可の求人