めでたく経理職として採用された後のこと

ここからが経理として本当のスタート



この記事を読んでいるということは、面接を攻略した人かもしれませんね。あるいは、フライングして先の事を情報収集をしている方かも!

 

どちらにしても、経理としてスタートした方(しようとしてる方)で今後の事を考えている人がご覧になってると思います。

 

未経験で経理としてスタートした方は、業務になれるのに早くても半年ぐらいはかかると思います。

 

経理は根本的にはやることが一緒でも、会社によって運用の仕方何かも違います。大企業の場合は全体像を押さえるのもなかなか大変で、システムの使い方も覚えないといけませんし……。

 

新入社員の独り言

よく新入社員が言ってることは自分が何処のデータを扱っているのか分からなくなるって聞きます。私の所属する会社は基本的には(※)縦割り業務です。しかし、旧の遺産と言いますか私の所属する部署は横に広く業務を覚えなければなりません。

 

スキルアップという点ではいい所なんですが、かなりのシステム連携がありますので、慣れない人にはどこからどういったデータが流れてきているのか分からなくなるんです!!

 

 

(※)縦割りとは、資金業務、契約業務、決算、税務申告、固定資産、棚卸業務、監査業務、給与担当、厚生担当、システム担当などなど分かれています。他にもいっぱいありますが。

 

今後新しく入ってくる人のために鳥瞰図的なものを作成してあげようと思います。

 

 

ガンガン攻めたらいいと思います

未経験で経理に転職しているということは、その会社のことについて知らない上に、経理の事も知らないので少し戸惑うかもしれません。

 

大企業では特に、社内の規定類や、コード表、マニュアル、勉強会のレジュメ等、学ぶための資料が沢山ありますのでガンガン読み込んで業務を覚えていったらいいと思います。

 

入社当初は、どんどん量稽古をして業務を自分のものにしていく。その後は自分の考えややり方を取り入れて効率化や提案をしていくのは何処の会社に行っても一緒だと思います。

 

未経験で経理としてスタートを切ったあなたは、覚えることだらけです。一つずつ確実に業務を自分のものにしていきましょう。あせっても仕方ないですし、人間出来る業務量も限られていますからね!!


スポンサードリンク

ホーム 管理人プロフィール 経理になるには 簿記スクールのおすすめ 経理未経験可の求人